闇金業者は証拠を残さないので、警察は取り締まりたくても取り締まることが非常に難しいのです。

【闇金】歴史と実態から紐解く現在の問題点とは

MENU

闇金への取り締まり

 

警察

 

闇金に対する取立ては実際に行われています。
取り締まり機関である警察は、闇金にとって非常に恐ろしい存在です。

 

 

闇金業者は、「警察に言えるのもなら言ってみろ!」と暴言を繰り返しますが、実際に相談者が警察に行くのを非常に恐れています。

 

営業している事自体が違法である闇金業者にとって警察は非常に恐れる存在です。

 

警察が対応できないくらいの闇金業者が社会の影に隠れながら営業を続けているので掴まらない。そう思っているだけで、警察が実際に取り締まりを行えば、自分たちの会社は簡単につぶれてしまう。

 

それを一番理解しているのは闇金業者なのです。

 

 

法整備が進み、闇金業者を取り締まる法律はたくさんあります。
しかし、闇金業者と警察のいたちごっこは終わることはありません。

 

闇金業者は基本的に証拠を残さないので、警察は取り締まりたくても取り締まることが非常に難しいのです。

 

闇金業者は、基本的に営業先の住所を持ちません。営業先の住所を持っていることは、警察が乗り込んでくる可能性を視野に入れているからです。

 

同じように携帯電話も使い捨てやレンタル、債権者を脅して借金代わりに携帯電話をもらうなどして手に入れています。

 

返済で使われる銀行口座も同じように会社のものではなく、他の人から裏取引で手に入れています。

 

警察が彼らを取り締まろうとしても証拠が何もないので、尻尾を掴むことができない。これが闇金業者がなくならない要因のひとつですし、警察が取り締まれない原因にもなっています。

 

警察も証拠を掴もうとしていますが、闇金業者は影をするりと移動する巧妙さも持っています。

 

 

一番有効なのは、弁護士や司法書士の力を借りてどうすれいいのか対策を取ることです。

 

弁護士や司法書士の専門家は、「警察とどう協力すればいいのか?」という方法を一番知っているからです。

 

闇金業者にとって恐ろしいのは、警察が動くことです。ただし、証拠を掴むのが非常に難しいので、警察も取り締まれないのが一番の問題になっています。

 

闇金業者の催促に困っているなら、債権者のほうでも証拠をきちんと掴んでおくことが重要です。