ソフト闇金は、闇金のように強い取立てを行わず、金利も闇金に比べて低く、回収も丁寧です。

【闇金】歴史と実態から紐解く現在の問題点とは

MENU

ソフト闇金とは?

 

法外な金利でお金を貸す闇金をソフトにして利用しやすくなった新しい金融機関。
それがソフト闇金の存在です。

 

まだ世間には一般的な存在ではありませんが、ソフト闇金はどんな存在なのでしょうか?

 

 

最初に説明したように、ソフト闇金は闇金をソフトにした新しい存在です。

 

闇金のように強い取立てを行うわけでもありませんが、ほかの金融機関に比べて債権者に密着し、執拗に返済を迫ります。

 

現代の法律では、強い口調で返済を促す電話や昼夜や夜間を問わない取立ては禁止されています。

 

しかし、闇金はこうした法律問題を無視し、強い態度で借金返済を債権者に迫ります。

 

そんな闇金を優しくしたソフト闇金は、普通の闇金より回収は丁寧です。
依頼人の給料日には一緒に銀行に行ったり、金利も闇金に比べて低いのが特徴です。

 

債権者の中には利用している金融機関が闇金だと思ってもいない。
そんな人も多いでしょう。

 

 

そんなソフト闇金ですが、闇金である以上に違反した高い金利で営業しています。
どうしてそんな闇金を利用してしまうのでしょうか?

 

隠し事をしている男性

 

闇金を利用するのは、普通の人ではない隠したい事情がある人です。

 

  • 夫や妻に内緒で作ってしまった借金の埋め合わせ、年金受給者で寂しさとお金に困っている。
  • 非正規雇用で銀行もキャッシング会社もお金を貸してくれない。

 

こうした事情がある人が闇金を利用してしまうのです。

 

しかし、闇金はドラマや映画のイメージもあって利用するのを避けたい。
そう思っている人が多いのも事実です。

 

そこでソフト闇金が登場しました。

 

  • 普通の金融機関が貸してくれない人にお金を貸す闇金。
  • 闇金より優しい対応で、闇金の中では低い金利で貸してくれる。

 

お金に困っている人にはぴったりの存在です。

 

ソフト闇金によってお金の融通が出来る人も出てきますが、やっぱり闇金である以上、利用には危険が伴います

 

返済や過払い金などの面で法整備が届かないトラブルに遭遇するかもしれないからです。

 

きちんと対策を考えて利用したいですね。