弁護士に相談することで、闇金の嫌がらせや取り立てを止めさせることが出来ます。

【闇金】歴史と実態から紐解く現在の問題点とは

MENU

闇金で借りてしまったら

 

一般的な貸金業者からお金を借りる事が出来ず、闇金からお金を借りてしまった、闇金だと気付かずにお金を借りてしまった、など闇金を利用してしまった。でもお金をすぐ返せば大丈夫、と思いがちですが、闇金はそれほど甘いものではありません。闇金は闇金同士でのネットワークを持っています。

 

一度でも利用してしまうと、そのネットワークを通じてさまざまな闇金から連絡が来るなど、「カモ」として扱われる危険性があります。
こういった危険性を排除する為にも、きちんとした対処方法を行う事が大事です。

 

弁護士などに相談

 

弁護士に相談する

闇金は出資法や貸金業法の上限金利である20%を上回る金利で貸付を行っています。
中には金融業者の登録すら行っていない闇金もいます。
この事自体が「違法」です。法律上は、「違法な業者から借りたお金の契約はそもそも違法なので返済する義務は無い」のです。金利だけでなく元本の返済義務すらありません。

 

しかし、だからといって支払わないままだと、闇金から嫌がらせに近い取り立てが行われます。もしも危険な目にあったら警察に即座に連絡をするべきです。
とはいえ、警察に連絡をしてその場は丸く収まっても、またいつ嫌がらせに近い取り立てが行われるかわかりません。
このような嫌がらせに近い取り立てを止めさせる為には、闇金に精通している弁護士などの法律家に早急に相談するべきです。

 

闇金の人たちは自分たちが「違法」な世界に身をおいていることをきちんと理解しています。
そのため、闇金に精通した法律家がくると、自分たちが負けることもよく理解しているのです。
そのため弁護士に動いてもらう事によって、闇金の嫌がらせや取り立てを止めさせる事が出来ます。