違法な取り立てを止めさせるために、弁護士や司法書士に相談しましょう。

【闇金】歴史と実態から紐解く現在の問題点とは

MENU

闇金業者による被害

 

闇金業者の被害と言うのは年々増えてきています。
なぜかというと、闇金業者の勧誘方法、貸付方法が日々さまざまな形に変化しており、生活費など自分の生活にどうしてもお金が必要になって、他にお金を借りるところが無かったりしてお金を借りてしまう人が利用してしまう為です。

 

お金を返せば大丈夫だろう、と安易に考えて闇金業者を利用しないようにしましょう。

 

闇金イメージ写真

 

さまざまな闇金業者からの勧誘

闇金業者間とは色々なネットワークを持っているものです。
一つの闇金業者を利用してしまうと、その利用者を狙ってさまざまな闇金業者から電話がかかってきたりして、自分の意思とは関係なく、勝手にお金が振り込まれて、そこから高金利をつけた取立てが行われます。
闇金業者を使用する人のほとんどは資金繰りに困っている為、そういう人を狙ってくるのです。

 

家族に嫌がらせや取り立ての電話がかかる

通常の金融業者であれば、たとえ親族であっても借金をしている事を口外する事はありません。なぜなら法律によって定められている為です。

 

しかし、闇金業者はお金を取る手段しか考えていませんし、そもそも正規の金融業者ではないので、お金が受け取られなければ、親族や家族にも連絡をして取り立てを行います。
すると、闇金の被害者は自分だけでなく、家族にまで及んでしまいます。

 

闇金による被害にあってしまったら

闇金業者によって危害が加えられたり、何かを破損された場合は、早急に近隣の警察に連絡する事をおすすめします。その上で被害届を出す事が大切です。
しかし、それだけでは闇金業者の取り立ては収まりません。取り立てをどうにかしたい場合は、弁護士や司法書士に相談するようにするようによいでしょう。相談だけなら無料で行う事が出来るところがたくさんあります。